夜の食事をとにかく減らすダイエット方法について

アラフォーで同世代の友人が太ってきて、自分も気になってきました。昔から細身でスマートだと言われていたので、スタイルは維持していきたいでし、健康診断での体脂肪率、年齢的に成人病を予防したいという気持ちがあったからです。
私が実践したダイエット方法は、夜の食事をとにかく減らすことと、炭水化物の摂取量を減らしたことです。どれぐらい減らしたのかというと、腹八分目ではなくて七分ぐらい。いまいち満足できない分量です。炭水化物は少なめにするか、ゼロにしていました。
私が夜食と炭水化物を減らす(もしくはゼロ)という方法を実践してどうだったかというと、1週間ほどで68キロだったのが65キロに減りました。夜に寝ている時にどうしてもお腹が空いてしまい、たまに起きてしまうこともありましたが、思っていたよりも効果はてきめん。結果的に、食費も節約することができ、体も少し軽くなったように感じました。
私のダイエット方法をおすすめしたい人は、普段から朝食をしっかりと食べている人です。夜にあまり食べなくなると寝ている時にお腹が空いてきます。その分だけ朝食も美味しく感じますし、朝食をしっかりと食べようという気持ちにもなれます。
炭水化物をゼロにするのは辛いですが、減らす分には抵抗なくできる人は多いのではないでしょうか。いきなり減らすのではなくて、徐々に減らしていくことをお勧めします。また、夜食を減らすとどうしてもお腹が空いてしまいます。こればかりは慣れるしかないのですが、多めの水分を摂取しておくことで、多少は空腹を紛らわすことも可能です。寝ている時にトイレに行かなくてもいい程度に水でも飲んでみてください。
【PR】
処方箋なしで墨田区でコンタクトレンズを購入する前にはこちらの専門サイトを一度見ておくことをお勧めします。