みなし残業制度は従業員にとってメリットのある制度?

・みなし残業制度は従業員にとってメリットのある制度?
・そもそもみなし残業制度って何?企業にしかメリットはない?

みなし残業制度とは、固定残業代と時間がすでに決まっている制度。

例えば、月に30時間働いて、みなし残業代は5万円。
それ以上残業しても、残業代は5万円で一律だということです。

言い換えるなら、月に30時間未満であっても、みなし残業代は5万円が支給される。

つまり、効率良く働けば1時間当たりの給料は高くなるということです。
意識的に、効率的に働こうと考える従業員が増えるので、企業にとってもメリットがあるといえます。

しかし、企業側は、このみなし残業代を支給するものの。
残業時間を30時間以上働かせる、強制労働を強いるブラック企業も存在します。

なので、みなし残業制度は従業員にとってデメリットになるケースもあります。

これは、あくまでブラック企業が運用しているケース。
一般的には、従業員にとってメリットのある制度のため、運用実績を事前に確認しておく必要があります。

今後、みなし残業制度を導入する企業に就職・転職する際には、ぜひ参考にしてみてください!

参考:【おかしい!】みなし残業なのに残業しないで早く帰るのはおかしいこと?